トップページ プロフィール メディア情報 対戦戦績 写真館 ファンクラブ ショップ ブログ リンク集

 

 

調印式
そうそうたる人物が並ぶ
注目の1戦だけに質問の数も相当なものだった
グローブチェックも終わり、サービスショット
並んだカメラマンは20人を超えていた
計量に向かうと、ポンサクレック選手が縄跳びをしていた
予備計量をしてみると400~600gほどオーバーしていたもよう
そのためサウナスーツを着込み、縄跳び・シャドーを繰り返していた
その間、内藤選手はドクターチェック
特に異常もなく、出場許可証が手渡された
正式計量の時間
ポンサクレック選手は体重を落とす事に成功
チャンピオンベルトを手にアピール
もちろん、我らが内藤選手も1発クリアー
大丈夫な状況とは言えど、やはり緊張の面持ちがうかがえる瞬間だ
これで無事、世界戦が開催される事が決定 世界戦当日の控え室
バンテージを巻いてもらう内藤選手
この後コミッション関係者よりサインが記入される
青コーナーより内藤選手入場! セレモニーも終わり、両選手が紹介される
内藤選手、非常に動きが良い!
[1R]
やはり前回のトラウマがあるのか、出だしは硬い感じがした
しかし1分を過ぎた頃から自分の形に持って行く
1・2・3・4まで出す内藤選手の拳がポンサクレック選手にヒットする

[1R]
潜り込んでからの上下への打ち分けをする内藤選手
勢いも良く、ポンサクレック選手が引く場面も多々見られた

[2R]
次のラウンドもグイグイと押していく内藤選手
そのためかポンサクレック選手が下へ下へと逃げていく

[2R]
そのためか、ポンサクレック選手にバッティングを受けてしまった
思いの他、深く切れているようで流血がすごい
[3R]
右まぶたからの流血があるためか、右方向に回られてしまう
しかし追いかけ、上から下への流れでボディを狙う
だがポンサクレック選手のガードも固い
[4R]
ガードの隙間を突き、ボディーに右が入る
このボディー打ちをイヤがったか、
更にポンサクレック選手が低い体勢になる
[7R]
細かいパンチを上下左右から繰り出すポンサクレック選手
内藤選手もガードはしている
だが、やはり左から来るパンチが見えずらそうだ

[7R]そして3度目のバッティング
セコンドの必死な止血もむなしく、試合が中断された
残念ながら負傷判定による敗戦となってしまった  

 

ページトップに戻る